工事費以外の出費とは?

リフォームと建て替えではどちらが得か?

雰囲気を重視して住居を購入し、いざ住んでみると使いづらい部分や水回りの問題などでリフォームを検討することがあると思います。
そもそも安くて希望の物件があれば良いですがなかなか見つからないという場合は新築を買うという選択肢も出てくるでしょう。
この時点での損をしないポイントは『建て替えとリフォームではどちらが得か』『家の構造を知ること』です。
建て替えという選択肢は既存の住宅をほとんど自由に設計出来る、という点では強みですが解体費やそれに伴い工事期間もかかり、また法令によって建て替え自体が出来ないというデメリットがあります。
こういった状況の場合は家の構造を把握し、一部のリフォームで済むのであればもちろんリフォームの方が早くてお得ということになります。

プランをたてましょう

部屋の一角を改良する小規模なリフォームでも、材料費を考えれば安く済ませることも可能になります。
大規模な工事となるとさらにその差が歴然となり、考えなしに進めてしまうと意外にも費用がかかってしまう場合もあります。
そこでポイント『費用のプランをたてる』です。
リフォームに必要な経費はどれくらいか、規模によっては業者に頼む場合もありますが素材によって耐久度、見た目など一概にこれといったものはないので何を重要視しているかも合わせてプランをたてれば材料費が安く済む場合があります。
キッチンやリビングなどのリフォームでは見た目にこだわりたいという方も多いと思います。
ですが、基盤の部分などは耐久性も考えておかないとすぐに劣化してしまい、再度リフォームするハメになってしまって二度手間になってしまいます。
そうならないようある程度プランをたてておくことは重要になっていきます。


この記事をシェアする